STAFF VOICE 安藤 恵さん

安藤 恵(あんどう めぐみ)

《資格》 初任者研修・調理師免許

《職種》 生活支援員

生活介護SORA 新入社員

 

この春にOPENした「生活介護SORA」で、生活支援員の仕事をスタートした新入社員さんです。

いろいろな経験の中から資格を取得したり、自分に向いている仕事に気づきました。

 

【インタビュー】

Q:資格を取得したきっかけは?

A:結婚後に最初に働いたのは介護施設の調理業務でした。数年後に会社の方針が変わり調理を業務委託に切り替えることになりました。ヘルパーの資格を取って介護職を続けていましたが、夜勤と子育てとの両立は難しく、別の介護施設の調理に転職しました。その職場で、調理の資格取得を勧められ、受験勉強を始めました。朝3時に起きてフルタイムで働き、家に帰ってきてから遅くまで勉強する毎日でした。当時中学3年だった娘と一緒に発表を見に行って、合格とわかった時は嬉しくて大泣きしました。

Q:障がいの仕事に関わるようになったきっかけは?

A:子育てが一段落つき、自分がやってみたい仕事を探すことにしました。教師になった息子から「お母さんにピッタリの仕事があるよ」と勧められたのが、学校の特別支援教育介助員でした。働く前にはこんな仕事があるとは知りませんでしたが、子どもの頃から障がい者に対する壁を感じたことがなかった私にとって、向いている仕事だと感じました。生徒さんができなかった事をできるようになった時に、喜びを共有できたことがとても楽しい経験でした。3年間介助した生徒さんが卒業するのを機に、アルバイトではなく正社員として障がい者支援の現場で働きたいと思い、ネットでこの会社の求人情報を見つけました。

Q:SORAの仕事には慣れましたか?

A:始めての生活介護なので、早く仕事を覚えたいと夢中な毎日です。誰に対してもオープンな性格なので、心を開いてくれるのが早いと感じています。利用者さんと一緒に映像を観ながら言ったことで笑いが起こったり、反応があると嬉しくなります。新しい環境に緊張している利用者さんもいると思いますが、来るのが楽しみになるよう取り組んでいます。先日、ご家族の方から「明日はSORAに行くと話したら、いつもより早く朝6時に起きたんです」と聞いて「やったー!」と思いました。

Q:プライベートでの楽しみは何ですか?

A:マニュアル車の運転が好きで、ドライブに行くのが趣味です。息子の卒業旅行で伊東へ行った時には車が故障してしまい、代車で旅を続けました。その時に食べた伊勢海老が美味しかったです。